アフリカの新型コロナウイルスについての現状

/アフリカの新型コロナウイルスについての現状

アフリカの新型コロナウイルスについての現状

世界的に大流行している新型コロナウイルスは、私達旅行業界また皆様にも多大な影響を与えており、いつ再び海外旅行に行けるのだろうか?と首を長くしてお待ちになっていることかと思います。

アフリカでは、アジアや欧米に比べコロナは遅れて感染が広がり、若年層が多いこともあって死者数は欧米に比べて少ない状況でした。しかし最近では、南アフリカやナイジェリアなどで感染者が急増し、安心するにはまだ早い状況が続いています。

アフリカの一部の国では状況を見守りながら少しずつ規制が緩和されたり、ケニアやチュニジアでは国境が開く動きも出てきていますが、以前のように安心して海外旅行ができるようになるには、もう少し時間がかかるかと感じています。

先が見通せない状況は続きますが、お客様の海外旅行への期待は日々大きくなってきており、今はお時間のある内に情報収集や次のご旅行の計画をじっくり立てていただけるチャンスではないでしょうか。

その為にも、アフリカの役立つ情報や現状を日々アップデートし、遠くにいながら少しでも壮大なアフリカを感じ、今後アフリカ旅行への希望を皆様に持っていただけることを願っています。

弊社で主に手配している、現在のアフリカ各国の状況を簡単に下記にまとめています。
最新のコロナの状況については、アフリカ各国のコロナウイルスの対応でご確認ください。

また今後の旅行再開情報は、アフリカ各国の旅行再開情報で随時更新していきます。

内容は日々変化しますので、記載の情報が変更になっている場合もありますので、ご注意ください。


ケニア 在ケニア日本国大使館  ケニア航空局 (8月6日付け)
8/1から国際商用便の運行が再開されました。日本を含む下記の国からの入国を認めています。

日本、中国、韓国
ジンバブエ、エチオピア、ルワンダ、ウガンダ、ナミビア、モロッコ
カナダ、米国(カリフォルニア州、フロリダ州、テキサス州を除く)
英国、フランス、オランダ、カタール、UAE、イタリア、スイス

8/6に更に免除される国が追加されています。ケニア運輸インフラ省Twitter

入出国時、空港に入る前に体温を確認されます。出国時に体温が37.5度以上ある場合には渡航が認められません。入国時に体温が37.5度以上あり同感染症の兆候がある場合には、空港検疫サービスにて追加検査を受け、政府指定の施設で隔離の対象となります。

全ての国際線の乗客は、最初の搭乗地にて搭乗96時間前にPCR検査を受け、PCR検査陰性証明書を保持する必要があります。空港内、飛行機搭乗中はマスクを着用し、1.5m以上のフィジカルディスタンスを確保しましょう。

タンザニア 在タンザニア日本国大使館 (8月6日付け)
5/18 からすべての国際旅客便の離着陸及び領空通過を許可しています。8月の始めにタンザニアに入出国する全ての旅行者にPCR検査陰性証明書の提示を義務付けていましたが、8/6に新たな出入国時の渡航情報として,出発国の条件として陰性証明書が課せられている全ての旅行者は,到着時に同証明書を提示しなくてはならない旨発表しました。

日本政府は本邦出国時に陰性証明書の提示を義務付けていないため,当地入国時及び当地出国時の双方で,陰性証明書の提示は不要となります。

  • 全ての旅行者は出入国時に水際対策の強化されたスクリーニングの対象となる。
  • 出発国の条件として,陰性証明書が課せられている全ての旅行者は,到着時に同証明書を提示しなくてはならない。

これにより,日本政府は本邦出国時に陰性証明書の提示を義務付けていないため,当地入国時及び当地出国時の双方で,陰性証明書の提示は不要となります。

ウガンダ  在ウガンダ日本国大使館 (7月22日付け)
徐々に規制は緩和されていますが、空港や学校の閉鎖、外出時間の制限措置は継続されています。
国際商業定期便の再開に慎重な様子がうかがわれます。

ルワンダ 在ルワンダ日本国大使館ページ参照  (8月3日付け)
8/1 よりルワンダ空港国際線商業便の一部が再開しました。出発国にて、出発72時間以内にPCR検査の結果が陰性だったことを証明する必要があり、またキガリ空港到着時に自費で2度目のPCR検査を受検し、検査結果を待つ間はルワンダ政府が指定する宿舎にて待機する必要があります。
PCR検査の結果が陽性の場合は、専門医療機関に移送され、陰性の場合は、宿舎から移動可能です。
また出国時は、出発72時間以内に実施したPCR検査陰性証明書が必要です。

ザンビア
入国はできますが、ザンビア入国時にはビザが必要で現在はビザの受付を停止している為
観光で渡航はできない状態です。

ジンバブエ 在ジンバブエ日本国大使館
ジンバブエ国籍及び有効な居住許可者のみ入国が可能です。入国後は、指定された施設で21日間隔離されます。現在、医療関係者などのストが有り、情勢は安定していません。

エチオピア 在エチオピア日本国大使館 (8月7日付け)
一部のフライトが再開しています。入国後は政府指定宿舎において7日間の検疫隔離の後、自宅等において7日間の自主検疫隔離が必要です。入国前120時間以内に発給された新型コロナウイルス陰性証明書を提示し,新たに検査用の検体を提出すれば,指定宿舎ではなく自宅等において14日間の検疫隔離を行うことが可能となっています。エチオピアからの帰国便の運行は不安定な状態です。

ボツワナ 外務省 海外安全ホームページ (7月31日付け)
ボツワナ人及びボツワナに居住する外国人以外の入国を禁止する。7月31日から8月14日までGreater Gaborone Covid-19ゾーンに限定し、ロックダウン措置を導入しています。国境はしまっており、再開は未定です。

ナミビア  APTA (7月31日付け)
Hage Geingob大統領が、8/3からの国境再開についてアナウンス済ですが、詳細について一部未定となっています。
入国はホセア・クタコ国際空港のみとなり、到着前72時間以内にPCR検査の結果が陰性であったことの証明が必要です。また到着後、2回目のPCR検査が必要で、検査結果を待つ間は政府指定の宿舎で最低で7日間の滞在が義務付けられています。8月からは、学校休校となっています。

南アフリカ 在南アフリカ共和国日本国大使館 (8月7日付け)
新規感染者増加傾向にあります。外国人帰還及び南ア人のビジネス目的での渡航のみ許可されています。8月は定期的に各国への帰還臨時便が運行しています。

レソト 在南アフリカ共和国日本国大使館 (8月7日付け)
帰還臨時便が運行。部分的ロックダウン緩和。

セーシェル 外務省 海外安全ホームページ
8月1日から低・中リスク国からの国際商用便の受入れを再開。出発72時間以内の検査実施及び陰性証明の提出、セーシェル政府が指定した宿泊施設への宿泊証明等の提出を条件に入国が認められる。日本は7月23日以降、高リスク国に指定されており、日本からの渡航は認められていません。

チュニジア 在チュニジア日本国大使館
(8月24日付け)
8月12日にチュニジア保険省がリストを更新し、日本はレッド(感染危険度赤)に分類された為。日本からチュニジアへの入国はできません。(チュニジア人、チュニジア在留外国人は除く)

(7月30日付け)
日本からの入国の場合出発の72時間前のPCR検査証明が必要です。入国5~7日目に自己負担でPCR検査を受け、陰性であれば、7日間の隔離で終了。兆候が見られれば、14日間の隔離を継続。

2020-09-09T21:09:56+09:00 8月 5th, 2020|Africa News Picks, アフリカ各諸国, スタッフブログ|
                   

ONLYONE AFRICA では、パッケージツアーはもちろん、
目的や予算に合わせたあなただけのツアーも企画いたします。
お気軽にご相談ください。

オリジナルツアーについて相談する!
Instragram
スタッフブログ
ONLYONE TRAVEL
Brisa Cubana