タンザニアでビニール袋の規制がはじまります。

/タンザニアでビニール袋の規制がはじまります。

タンザニアでビニール袋の規制がはじまります。

タンザニア政府は、タンザニアへの旅行者を対象に、 すべてのビニール袋のタンザニア本土への持ち込み、使用を禁止すると公式に発表しました。2019年6月1日より実施され、輸出入品、製造品、販売品、 供給品、保管品、これらすべてに使用されるビニール袋で、質や厚さに関係なく適応されるそうです。ただし、医療サービス、工業、建設業、農業、食品、衛生用品、廃棄物管理用で使用されるビニールは除外されています。タンザニア政府は、この規制により、旅行者に不便をかけることもあるが、ごみ問題、環境保護の観点から不可欠な対策であると、旅行者に理解を求めています。

ということで、これからタンザニアを訪れる人は、手荷物、スーツケース内にビニール袋を持ち込めなくなります!

万が一、旅行者がタンザニア入国時にビニール袋を所持していた場合、すべての入国ポイントに設置された指定場所で破棄をすることになります。ただし、ジップロックなどのビニール袋は、再利用される可能性が高く、ゴミにはなりにくいと考えられることから許容されるとのことです。買い物袋などに利用するあのビニール袋って、旅行時にちょっとしたゴミ入れや濡れた水着を入れられたりと、何かと重宝するのですが、タンザニアでは一切使用できなくなるので注意が必要です!ちなみに、アウトドア用品店などでは、濡れた水着や下着などを収納できる防水バッグを販売していますので、そういったものを利用するのもエコロジカルですね。

近年、世界的に問題になっているごみ問題。

ゴミとなり舞い、海に流れ出したプラスティック製品やビニール袋が、魚やカメなどの海洋生物に絡まってしまった写真を目にしたことがあります。胸が痛みますね。地球の汚染が進めば、環境破壊が進むだけでなく、 地球が危ない!

ここ数年、プラスチック問題を提起する人たちが世界中に増え、少しでも改善していこうという動きがでてきています。例えば、各国でビニール袋の使用やプラスティック製ストローの使用 を控えるお店も増えてきていますね。

アフリカの現状はというと、まだまだごみ問題は根深く、ポイ捨てをしてしまう人をよく見かけるのが現状・・・。これは、教育の問題でもあります。とはいえ、アフリカの中でも、少しでも改善しようと取り組む動きが出てきています。タンザニアでは買い物をしたらもらえるビニール袋を撤廃し、そして今年の6月からついに観光客へ向けても撤廃と公式に発表。

これから訪れる人も、そうでない人も、このニュースをポジティブに受け入れて、サステナブル(持続可能)な社会を目指していきたいですね!

2019-05-22T00:03:03+09:00 5月 17th, 2019|タンザニア|
                   

ONLYONE AFRICA では、パッケージツアーはもちろん、
目的や予算に合わせたあなただけのツアーも企画いたします。
お気軽にご相談ください。

オリジナルツアーについて相談する!
Instragram
スタッフブログ
ONLYONE TRAVEL
Brisa Cubana