マサイ族について知る

/マサイ族について知る

マサイ族について知る

ケニアには42の民族があり、公用語としてスワヒリ語や英語が話されています。また、民族間では独自の言語が話され、その数は60以上にも及ぶ多民族国家です。ケニアの民族というと、日本では「マサイ族」が最も有名でしょう。垂直に高く跳ぶ「マサイジャンプ」やライオンを狩る話などテレビで取り上げられることも多いようです。

マサイ族はケニア南部からタンザニアの北部一帯の先住民で、元々は牛、羊、ヤギなどの家畜の遊牧をしながら暮らす遊牧民でした。しかし、現在は都市に移動し、普通の生活を送っている人や自然保護区や国立公園の中に定住し、観光業やガイドなどによって生計を立てる人が多くなっています。

あの有名なマサイのジャンプを見たり、彼らの生活風景や文化を知るには、ケニアやタンザニアでマサイ村のツアーに参加しましょう。村の訪問は1時間程で、原始的な火起こしのデモンストレーションやマサイの女性達が歌を披露してくれます。また実際に生活している家の中、集落の様子を見学したり、元気いっぱいに遊ぶ子供たちと交流します。

色鮮やかなシュカと呼ばれる布を身にまとい、手の込んだビーズの装飾品をまとったマサイの勇ましい姿は、人間の本来の美しさ、強さを感じます。身体の中から溢れ出るエナジーを感じる歌とジャンプは、圧倒的な迫力です。生活はとてもシンプルですが、心の豊かさ、リラックスした彼らの表情を見ると考えさせられることが沢山あります。


マサイの人達は明るくフレンドリーです。耳の飾りをとって大きな穴を見せてくれました。引っ張っても大丈夫だよ! と耳をグイグイ引っ張って、ニコニコ笑うお茶目な面も。最近のマサイの若者は耳に穴を開けたり、顔に焼印をすることはなくなってきているようです。昔は教育を受けないマサイの子供が多かったのですが、最近は教育の重要性に気づき学校に通う子供が多く、伝統的なマサイの生活スタイルも年々変わってきています。

2020-05-25T19:15:00+09:00 5月 20th, 2020|スタッフブログ, 東アフリカ|
                   

ONLYONE AFRICA では、パッケージツアーはもちろん、
目的や予算に合わせたあなただけのツアーも企画いたします。
お気軽にご相談ください。

オリジナルツアーについて相談する!
Instragram
スタッフブログ
ONLYONE TRAVEL
Brisa Cubana