南アフリカの旅行情報

//南アフリカの旅行情報
南アフリカの旅行情報 2019-09-25T17:54:05+09:00

アフリカ最大の経済国、南アフリカ。

サファリ、ガストロノミー、絶景、魅力的な観光スポットが満載の国。

正式名称 南アフリカ共和国 / Republic of South Africa
公用語 英語、アフリカーンス語、バンツー諸語等
首都 プレトリア
宗教 キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教
日本との時差 -7時間
通貨 ZAR(南アフリカ・ランド)
  • ビッグ・ファイブ、手つかずのビーチ、大自然、上質ワイン、世界選手権でも使われるゴルフコース、世界屈指のグルメ。ワイルドライフからガストロノミーまで、興味に沿って、様々な体験をすることができます。大自然を残しつつも、アフリカ最大の新興国として注目される南アフリカに訪れると、アフリカのイメージさえ覆される多くの発見があります。

  • アフリカ大陸の南端に位置する南アフリカ。ケープタウンをはじめとする美しい海岸沿いの街、ガーデンルート、森や湖、世界的に有名な野生の王国「クルーガー国立公園」など、魅力満載。

気候

南アフリカは地域によって気候が大きく異なります。6月~8月は冬。ケープタウンなどの西部地域では降水量が多い季節。クルーガー国立公園のある東部地域は乾燥し、動物たちが水を求めて水場に集まります。動物を観察しやすくなることから、サファリに最適な時期です。11月~3月は夏。西部地域はとても暑く乾燥します。クルーガー国立公園とその周辺地域では雷雨が多く発生します。

旅行シーズン

夏季に入ります。クルーガー国立公園とその周辺地域、ヨハネスブルグなどの東部地域では雨季が到来します。激しい雷雨も続き、湿度が高くなります。雨の恵みで大地は豊かな緑に覆われます。野生動物たちは雨を逃れて緑に隠れがちになることから動物観察が難しくなりますが、バードウォッチングには最適な時期です。

西部のケープタウンやガーデンルート沿いの観光スポットは、暑く乾燥しています。繁忙期に入り、ホテルや国立公園は混雑しているため、この時期旅行をする場合は、前もって計画することをおすすめします。

南アフリカのベストシーズンと言われています。日中の気温は18度程度で、真っ青な秋晴れの日が続きます。クルーガー国立公園などの東部地域では乾季に入ります。夜はひんやりとして肌寒いくらいです。5月になると日中の気温は平均で7度程まで下がります。

ケープタウンをはじめとする西部地域では冬に入ります。最高気温が15度程度、最低気温が7度程度。雨が降りやすく、とても涼しくなります。高地では風が強く、時折雪が降ることもあります。東部地域の気温は、西部と同じくらいで涼しくなりますが、晴れ間が続き、乾燥しています。野生動物保護地区では、わずかに残る水場に動物が集まり、動物を観察しやすくなります。

7月にはガーデンルート沿いでクジラを見ることができます。

春になると、日中の気温は24度程度まで上昇し暖かくなります。乾燥した西海岸では、色彩豊かな花々が咲き誇ります。野生動物は繁殖シーズンに入り、サファリでは動物の赤ちゃんに遭遇できるかもしれません。

ガーデンルート沿いでは、ホエールウオッチングのベストシーズン。東部では雨季が始まります。この時期は、通常期よりもやや混み合っていますが、人気の観光スポットの一つ、ワインランドなどは混み合うことなく穴場のシーズンです。

Photo Garelly

南アフリカの見どころ

広大な南アフリカは見どころが沢山。華やかな「ケープタウン」、緑豊かな丘陵地帯「ワインランド」、野生の王国「クルーガー国立公園」、風光明媚な「ガーデンルート」などなど魅力満載です。

インド洋と大西洋に挟まれた半島に位置するケープタウンは、17世紀後半にオランダの貿易拠点として栄え、今もなお、アフリカの経済国を支える重要都市として発展し続けています。ケープタウンは、文化、グルメ、美しい風景、そして世界的に誇るワインランドで有名です。

ケープタウンのシンボルといえば、テーブルマウンテン。観光スポットになっているお洒落なショッピングモールで買い物や食事を楽しみながらその風景を一望することができます。ケーブルカーでテーブルマウンテンの頂上へ登れば、美しい街のパノラマビューを見渡すことができます。少し郊外をドライブすれば、白い砂浜、伝統を守る小さな漁村、荒涼とした山脈の風景に出会うこともできます。ケープタウンを拠点にして、ケープポイント、ワインランド、ホエールウオッチングで有名なヘルマナスへもアクセスすることができます。

もともと、野生動物の保護を目的として1898年にサビ動物保護区が設立され、その後、1926年に拡大され、現在のクルーガー国立公園となりました。南アフリカ初の国立公園で、アフリカ最大の動物保護区の一つです。公園内には、500種以上の鳥類が生息し、固有種も数種確認されています。

クロコダイル川には、ビッグ・ファイブ(ライオン、ゾウ、ヒョウ、バッファロー、サイ)のほか、シマウマ、キリン、ヌー、インパラ、クーズー、ヒヒまで、多くの動物が集まります。公園にそびえ立つアカシアの木には、キリンやゾウが大事な栄養源を求めてやって来ます。絶滅危機種のリカオンも保護されています。

険しい山々に囲まれた美しい渓谷に、ワインの産地として有名な美しい「ワイランド」があります。古くから営まれているワイナリーを訪ねたり、受賞歴あるレストランでお食事やワインを存分に楽しむことができます。ワイン好きにはたまらない観光スポットです。

ワインランドは、一般的に、フランシュフック、ステレンボッシュ、パールの3つの町を指します。この一帯には、風光明媚な山々と田園の風景が広がります。アートギャラリーや素敵なコーヒーショップが立ち並ぶ「ステレンボッシュ」では、アートやコーヒーを楽しみながらオーク並木道の散策がおすすめです。南アフリカ屈指のガストロノミーの町「フランシュフック」では、数々の受賞歴有る素晴らしいレストランでお食事とワインを存分に味わうこともおすすめです。

ガーデンルートは、インド洋沿岸の街と街を300㎞間結び、ドライブルートとして人気です。海沿いの美しい街の風景、金色の砂浜、ブドウ畑、ここでしか見ることができない植物フィンボス、ユーカリの木の森を楽しむことができるハイキングコースもあります。手付かずのビーチでのんびりしたい人にもおすすめのルートです。

ガーデンルート沿い最大の町「ポートエリザベス」ではホエールウォッチングがおすすめ。クジラとの遭遇率が高いと言われています。海岸線を散策すれば、黄金色のと青い海、断崖の景色が目の前に広がり、景色の美しさに心奪われるでしょう。

ヨハネスブルグは、イギリス植民地時代、金鉱脈の発見により発展しました。南アフリカ最大の都市で、経済、商業の中心地です。ダーバン、ケープタウン、クルーガー国立公園などへの経由地として多くの人が訪れます。

かつて金鉱があった場所には、現在、テーマパーク、博物館、カジノ、ホテルで構成される大規模エンターテイメント複合施設が建ち、地元の人や観光客で賑わいます。

歴史や文化に触れたい人は、博物館を訪れることもおすすめです。アパルトヘイト博物館では、白人用と非白人用と書かれた二つの入り口があり、来館者は入場の際、ランダムに振り分けられます。当時の様子が分かるビデオや写真が展示された館内も、鉄格子によって仕切られ、差別を体験しながら悲惨な歴史を学ぶことができます。

アパルトヘイト時代に、刑務所や裁判所として使用されていた「コンスティテューション・ヒル」は、南アフリカ民主化への道を伝える生きた博物館と言われています。ここには、かつて、ネルソン・マンデラ、マハトマ・ガンジーが収監されていました。当時の様子が展示され、南アフリカの激動の歴史を学ぶことができます。

南アフリカのツアーはこちら

                   

ONLYONE AFRICA では、パッケージツアーはもちろん、
目的や予算に合わせたあなただけのツアーも企画いたします。
お気軽にご相談ください。

オリジナルツアーについて相談する!
Instragram
スタッフブログ
ONLYONE TRAVEL
Brisa Cubana