コンゴ、8か月で民間人約1300人死亡 避難者50万人超

コンゴ、8か月で民間人約1300人死亡 避難者50万人超

元の記事を読む

コンゴ、8か月で民間人約1300人死亡 避難者50万人超

 発信地:ジュネーブ/スイス [ スイス ヨーロッパ コンゴ民主共和国 アフリカ
コンゴ、8か月で民間人約1300人死亡 避難者50万人超
コンゴ民主共和国マシシで起きた武装集団間の衝突を逃れた人たちを収容するカリンダ国内避難民キャンプで小屋の前に立つ子どもたちとその母親(2020年1月15日撮影)。(c)ALEXIS HUGUET / AFP

コンゴ民主共和国マシシで起きた武装集団間の衝突を逃れた人たちを収容するカリンダ国内避難民キャンプで小屋の前に立つ子どもたちとその母親(2020年1月15日撮影)。(c)ALEXIS HUGUET / AFP

【6月6日 AFP】コンゴ民主共和国で、紛争や暴力により昨年10月以降の8か月で約1300人の民間人が死亡し、50万人以上が避難した。国連(UN)が5日、明らかにした。
国連のミチェル・バチェレ(Michelle Bachelet)人権高等弁務官は、一部の攻撃が「人道に対する罪や戦争犯罪に当たる可能性がある」と警告した。

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は、イトゥリ(Ituri)州、北キブ(North Kivu)州、南キブ(South Kivu)州での衝突の拡大で「一般市民に壊滅的な影響が及び」、同国東部での死者がここ数週間で急増したと発表した。
OHCHRによると、武装集団が虐殺や残虐行為をする一方、政府軍も大規模な違反行為に及んでいる。同地域での武装集団による暴力は、性暴力や斬首、遺体の切断など「激しさを増している」という。
イトゥリ州では昨年10月から今年5月末までに、少なくとも531人の民間人が死亡された。うち375人は、3月以降の犠牲者だという。同国の軍や警察もこの期間に同州で民間人17人を殺害したとみられているという。
北キブ州では昨年11月に軍が作戦を開始し、主要武装勢力である「民主勢力同盟(ADF)」の報復攻撃で少なくとも514人の民間人が死亡した。南キブ州では、民族対立による暴力が再燃しここ数か月で少なくとも74人の民間人が死亡し、女性と子ども数十人がレイプされた。治安部隊も民間人数十人の死に関与したという。
OHCHRのマルタ・ウルタド(Marta Hurtado)報道官はAFPに対し、昨年9月から暴力行為が急増したことを受け、北キブ州で40万人以上の民間人が家を追われたと述べた。南キブ州では今年1月以降に11万人を超える人が避難した。その大半が女性と子どもで、避難者は3月以降に急増したという。(c)AFP/Nina LARSON

元の記事を読む

スタッフの一言

アフリカでは武装集団による虐殺や残虐行為などによって毎年多くの人が犠牲になっています。現在も世界中で、新型コロナウイルスの犠牲者が増えています。共通して言えることは、短期間で罪がない多くの命が奪われてしまうことです。皮肉なことですが、新型コロナウイルスを経験することによって、以前よりアフリカで起きているこの悲しい現実に寄り添うことができるのではないでしょうか。

2020-06-09T23:19:09+09:00 6月 9th, 2020|Africa News Picks|
                   

ONLYONE AFRICA では、パッケージツアーはもちろん、
目的や予算に合わせたあなただけのツアーも企画いたします。
お気軽にご相談ください。

オリジナルツアーについて相談する!
Instragram
スタッフブログ
ONLYONE TRAVEL
Brisa Cubana