ゴリラにも新型ウイルス伝染? ガボン、類人猿観察ツアー禁止へ

ゴリラにも新型ウイルス伝染? ガボン、類人猿観察ツアー禁止へ

元の記事を読む

ゴリラにも新型ウイルス伝染? ガボン、類人猿観察ツアー禁止へ

ガボンに生息するゴリラ(2019年4月26日撮影、資料写真)。(c)Amaury HAUCHARD / AFP

【3月17日 AFP】アフリカ中部ガボンの森林管理当局は16日、新型コロナウイルスが人間から大型類人猿に伝染する恐れがあるとして、ゴリラやチンパンジーが生息する森林における類人猿の観察ツアーを禁止する方針を発表した。

【関連記事】ウイルス懸念のコウモリ肉、市場で売買続く インドネシア

ガボンでは現時点で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と確認された症例は1件しかない。ただ過去にエボラ出血熱が流行した際、同国北部に生息するゴリラの90%以上が死んだことから、懸念が広がっている。

 ガボン国立公園庁(ANPN)の職員はAFPに対し、「人間と大型類人猿との間の伝染リスクを避けるため、公園内で類人猿を観察する観光活動の中止を決めた」ことを明らかにした。

同職員の話では「人間と大型類人猿は非常に近縁であるため、人間に影響する呼吸器ウイルスは、大型類人猿にも伝染しやすい」という。

ガボンでは12日、フランスから最近帰国した27歳の男性が新型ウイルスに感染していることが確認され、同国初の症例となった。翌13日以降、徹底したウイルス拡散防止策が講じられ、学校やバー、ナイトクラブが閉鎖されている。

公園庁の同職員は「新型コロナウイルスにより、ゴリラと接触する人間は脅威になる」と指摘。公園内で働く職員らは、ゴリラに接近する区域に入る前に14日間隔離されるとしている。(c)AFP

元の記事を読む

スタッフの一言

犬や猫だとのペットへの感染の可能性は低いと言われていますが、ゴリラやサルといった人間により近い生き物には影響が出るかもしれないことは盲点でした。アフリカのサファリには多くの野生動物がいるからこそ、より気をつけるべきなのだと思いました。

2020-04-08T20:06:44+09:00 3月 30th, 2020|Africa News Picks|
                   

ONLYONE AFRICA では、パッケージツアーはもちろん、
目的や予算に合わせたあなただけのツアーも企画いたします。
お気軽にご相談ください。

オリジナルツアーについて相談する!
Instragram
スタッフブログ
ONLYONE TRAVEL
Brisa Cubana